Study Labo @NAKAGAWA

Study Labo について

「地域」「人」「教育コンテンツ」の融合の場

 

「地域」

(株)ナイズという企業で働いている編集スタッフ・業務スタッフ・採点スタッフ・営業企画スタッフのほとんどは、地元(青葉区、都筑区、緑区)やその周辺に暮らしています。またお子さんがいらっしゃる主婦の方です。その方々が働きたいと思う職場、お子さんを通わせたいと思う「学びの場」を創る。これが原点です。そこをスタートにし、ナイズとは関係がなくても地域のコミュニティとしていろいろな形での「学びの場」を展開していきたいと考えています。

 

「教育コンテンツ」のナイズ

学力テストの制作・採点・処理を中心とした教育コンテンツ会社の㈱ナイズとコラボレーション。

学力テストとは「子どもの伸びしろを発見する教材」と言えます。子どもたちがテストを受けることによって「できた問題」「できなかった問題」が客観的に把握でき、「できなかった問題」について見直し、振り返り学習をすることで「できる」ようになることがテストを受験する意味だと考えています。またテストを受験することは、そこに居ながらにしていろいろな地域の子どもたちと「競い合い切磋琢磨できる場」だと言えます。そして私たちナイズは過去10年間に積み重ねたデータを元にして、子どもたちがこれから学んでいく「道しるべ」を作成できることが強みです。

そのテストをはじめとして、ナイズが開発した教材や、他社のものであっても良いものであれば取り入れて、体験できる場としてスタディラボを考えています。子どもたちの右脳・左脳の能力をよび覚まし、楽しく鍛える教材やコンテンツをそろえた企画を発信していきます。

 

一番は「人」の力

「学び」は「基礎学力」から「実学」まで。また「自立型学習」からコミュニケーションを重視した「アクティブラーニング形式の学び」、さらに、講師の先生のスキルを活かした「カルチャースクール形式」など、形にとらわれないワクワクする「学びの場」にしたいと考えています。講師の力を最大限活かすためにも明るく楽しく、共に学ぶ場でありたいと願っています。